PUBLICITY
IWAKI SHOKUSAIKAN

フードコンテストで高実績

第1回地場もん国民大賞で、応募総数518点中9位に入賞

農林水産省主催『JAPAN FOOD FESTA 2013 第1回地場もん国民大賞』など
フードコンテストや食のイベントに積極的に参加。
いわきの豊かな食材、食文化、特産品を積極的にアピールしています。

情報発信(地場もん1)

『地場もん国民大賞』では試食投票も行なわれた

これまでの実績
  • 『JAPAN FOOD FESTA 2013 第1回地場もん国民大賞』に「ふくしまかつおの揚げびたし」でエントリー、9位入賞
  • 『第1回全国コロッケフェスティバルin龍ケ崎』に参加。いわきゆかりのカジキを使ったコロッケを披露
  • いわきの特産品・ネギやいわき産調味料などを使ったふりかけを開発。『全国ふりかけグランプリ』で高い評価

テレビ、ラジオ、新聞も注目

朝日新聞、福島中央テレビ『ゴジてれchu!』でも紹介されました

和菓子のリーフレットでいわきの代表的な観光地を紹介したり
いわきの食材・製造技術・加工業者にこだわって新商品を開発するなど、独自の方法でいわきの魅力を発信。
こうした姿勢が注目され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、フリーペーパー等さまざまなメディアで取り上げられています。

『いわき七宝まんじゅう』のリーフレットなど

記事になった自社開発商品や開催イベント

これまでの実績
  • 福島県観光交流局県産品振興戦略課発行の県産品パンフレット『FUKUSHIMA』に『オリーブ麺』が掲載
  • 福島中央テレビの情報ワイド番組『ゴジてれchu!』が『いわき七宝まんじゅう』を特集
  • SEA WAVE FMいわきが『いわき七宝まんじゅう』を紹介
  • 朝日新聞、福島民友など、多くのメディアが有名シェフを招いたイベントを紹介 
  • 読売新聞が『いわき七宝まんじゅう』を記事に
  • 東京・中野のタウン誌『おこのみっくすマガジン』が『オリーブ麺』『かつおジャーキー』などを特集に
  • いわき民報が特集記事『スカイストア便り』を連載

各地でいわきの特産品を販売

首都圏を中心に県外でも活動

県内外で開かれる物産展、市民マーケット、販売イベントなどに積極的に参加。
いわき産の野菜や加工品などを紹介・販売し、いわきの魅力を広くアピールしています。
東日本大震災後は復興イベントに招かれることも多く、いわきの「いま」を伝えることにも力を入れています。

復興支援イベントでいわきの現状を伝える代表

いわきのうまいものをPR

これまでの実績
  • いわき万本桜プロジェクト主催『蔡國強といわき交流20周年記念行事』に協賛・協力
  • いわき市石炭・化石館ほるるのコミュニティカフェオープニングイベントにて試食会を開催
  • いわき市平の映画館主催イベント『ポレポレ映画祭』に出店
  • イトーヨーカドー平店で開かれた『いわき物産展』に出店
  • 施餓鬼会(東京都・大田区)主催の物産販売会に出店
  • 麻布十番商店会 被災地復興応援キャンペーン(東京都・港区)に出店
  • 絆の街 縁が輪市(東京都・中野区)に出店
  • いのちをつなごうプロジェクト(東京都・世田谷区)主催の物産販売会に出店

ブランド戦略で注目度アップ

的確なパッケージデザイン・新商品開発アドバイス

いわきの老舗酒蔵会社がつくる『純米発酵調味液 出づ味』のデザインリニューアルを担当。
高級感という新たな切り口を見つけ、容器も一新。贈答品としても注目されるようになりました。
また、いわきの食材を活用した商品開発の協力・アドバイス等も行ない、着実に新商品を生み出しています。

『出づ味』のラベルデザインを検討中

商品の魅力を伝えるラベルをめざして

これまでの実績
  • きくらげを使った佃煮商品の企画・加工の依頼を受け、お歳暮商品として販売
  • 市内の菓子業者と共同でいわき産イチジクを使った新商品『いわきいちじくのきんつば』を開発
  • アナゴの骨を混ぜたスティック状のコロッケ『カジキ骨太コロッケ』を市内の水産加工会社と共同開発
  • いわき産芽子にんにくの販路開拓・商品開発の依頼を受け、『芽子にんにくキムチ』などを開発
  • 『純米発酵調味液 出づ味』のパッケージデザインをリニューアル
Top