EVENT PRODUCE
IWAKI SHOKUSAIKAN

食をメインにしたイベントの企画・開催をプロデュース

いわきの農林水産物活用促進事業として、いわきの食材を使った有名シェフのフードイベントは
東日本大震災をきっかけに、多くのかたの協力によって、2011年から14年まで15回の開催を実現いたしました。
旬の素材を生かしたレシピ集『いわき・食の彩り』など、新たな成果品も完成いたしました。
フードイベントやレシピコンテスト、フェア出店など、企画から運営まで総合的にお手伝いしています。

INFORMATION <イベント開催のご案内>

現在イベントの開催予定はありません

これまでのイベント実績(新着順4件)

イベント2015年12月14日

いわきの農林水産物活用促進事業
一緒に作ろう
第2回 いわきの野菜でジャーサラダ&スープ
野菜をたくさん食べてほしくて簡単でおいしく、野菜だけでも満足できる野菜料理を提案します。一緒に料理を楽しむ2時間です。ご予約はお早めに !
開催日:2015.12.14(月)14:30~16:30
場 所:ガスワンキッチンスタジオ「ステラ」 常磐共同ガス内 常磐湯本町日渡74-7
参 加:先着順25名様(要予約)、費用1,500円(当日精算)
主 催:いわき食彩館株式会社スカイストア(営業時間:10:00~18:00/定休日:第1・3水曜日)
協 力:常磐共同ガス
●参加お申込み・お問合わせ:お電話(TEL23-3447)、もしくは、スカイストア店頭で受付

〈庄司いずみさんプロフィール〉
野菜を愛して野菜を料理しています。「どこの店でも1、2品は植物性100%、野菜たっぷりのメニューがある」、それがあたりまえのことになるようにと願って活動中。かんぶつマエストロ、野菜ソムリエ、日本ベジタリアン学会会員。

’†“‡ƒイベント2015年11月7日

いわきの農林水産物活用促進事業
食で笑顔に
第3回 スープと粉もの料理
開催日:2015.11.7(土)11:30~13:30
場 所:いわき市平字一町目25番地 いわき食彩館スカイストア
参 加:先着順40名様(要予約)、費用1,500円(当日精算)
主 催:いわき食彩館株式会社スカイストア(営業時間:10:00~18:00/定休日:第1・3水曜日)
協 力:ダイニングキッチン月海 -Ruu- (いわき市植田町)

〈日髙良実氏プロフィール〉
1957年兵庫県神戸市生まれ。東京・乃木坂の『リストランテ山崎』の料理長を経て、東京・広尾の『アクアパッツァ』『アクアヴィーノ』などを展開。現在は広尾を拠点に、日本の食材を活かした独自の料理を提案し続けている。

イベント2015年9月21日

いわきの農林水産物活用促進事業
食で笑顔に
第2回 いわき市のさかな めひかり料理
開催日:2015.9.21(月・祝)11:30~13:30

場 所:いわき市平字一町目25番地 いわき食彩館スカイストア
参 加:先着順40名様(要予約)、費用1,500円(当日精算)
主 催:いわき食彩館株式会社スカイストア(営業時間:10:00~18:00/定休日:第1・3水曜日)
協 力:ダイニングキッチン月海 -Ruu- (いわき市植田町)

〈イベント内容〉
「新宿割烹中嶋」の中嶋貞治氏を迎え、「めひかり」をメイン食材に『めひかりと南瓜のご飯』『めひかりの焼き南蛮』、とうふ屋大楽の豆腐で『東坡豆腐』を実演していただきました。今回は地元の「月海」(RUU・植田町)、今野シェフにもメヒカリの魅力を引き出す揚げ料理・ベニェを披露していただきました。 「めひかり」は平成13 年に市の魚に選ばれた魚。いわきの野菜とともにバリエーション豊かな食材として素敵な料理を堪能しました。
〈中嶋貞治氏プロフィール〉
1956年東京都渋谷区広尾出身。祖父の中嶋貞治郎氏は魯山人氏が経営する「星岡茶寮」の初代料理長。祖父同様、京都で修業したのち、父・貞三氏の跡を継ぎ、「新宿割烹中嶋」へ。名店の2代目店主となり、店を育てる一方で多彩な活動を展開。テレビにも多数登場、著者も多い。「新宿割烹中嶋」は東京を代表する割烹料理店のひとつとして、ミシュランから7年連続で星を獲得している。

‹イベント2015年7月30日

いわきの農林水産物活用促進事業
食で笑顔に
第1回 夏を楽しむカレー
開催日:2015.7.30(木)11:30~14:00
場 所:いわき市常磐湯本町日渡74-7 常磐共同ガス内 ガスワンキッチンスタジオ「ステラ」
参 加:先着順30名様(要予約)、費用1,500円(当日精算)
主 催:いわき食彩館株式会社スカイストア(営業時間:10:00~18:00/定休日:第1・3水曜日)
協 力:常磐共同ガス

〈イベント内容〉
お料理教室スタイルで実施した今回のイベント。いわきの元気な夏野菜を使った『ズッキーニとナスのくずし豆腐カレー』『いわき野菜の和風ピクルス』『鶏肉と干しズッキーニの卵とじ汁』のつくり方を教えていただきました。三品ともに活用したのがズッキーニ。カレーやピクルスといったメニューも日本料理の達人の手にかかると、奥深い和風の味わいに。カレーも上品でとってもやさしい味つけで大好評でした。汁物に使った干しズッキーニははじめて食べるかたが多く、食感のよさも新鮮だったようです。おかわり続出でした。
〈吉岡英尋氏プロフィール〉
1971年東京都出身。料理学校卒業後、東伊豆『つるやホテル』など有名店にて修業を積み、永田町『瓢亭』では首相官邸出前料理番を任せられる。2000年に『なすび亭』を、2015年には『こなす亭』を開店。テレビや雑誌などでも幅広く活躍。料理教室、小学校の給食づくり等、食を通じての社会貢献にも力を注いでいる。

Top