IWAKI SHOKUSAIKAN
サイトの運営について
個人情報の取扱いについて

これまでの主な活動

English

2009

■いわきのセレクトショップ『スカイストア』がグランドオープン

いわき市平のまちなかに市内のいいものを集めた実店舗を構えました。詳しくはこちらへ
スカイストア店内

2011

■いわきの食材を使った著名人による料理会を開催(2011年10月~2012年3月)

日高良実氏、野崎洋光氏、ジョセップ・バラオナ・ビニェス氏を招聘。詳しくはこちらこちらへ
日高良実氏

2012

■いわきの食材を使った著名人による料理会を開催(2012年5月~2013年3月)

鈴木眞雄氏、田代和久氏、村田吉弘氏、李映林氏、十時亨氏、小暮剛氏を招聘。詳しくはこちらこちらへ
小暮剛氏のイベント風景

2013

■いわきの特産品を活用した『いわきかりんとう』を開発・発売

イチゴ、ネギ、黒米など、いわきの食材にこだわった手づくりの逸品をつくりました。詳しくはこちらへ

いわきかりんとう

いわきかりんとうとお茶

■人気イベント『話題のシェフがつなぐ いわき旬の食材料理』を開催(2013年7月~2014年3月)

五十嵐美幸氏、柏田幸二郎氏、鈴木芳男氏、伏木暢顕氏、工藤敏之氏、日高良実氏を招聘。詳しくはこちらこちらへ
工藤敏之氏のイベント風景

■オリジナルパスタ『オリーブ麺』を開発・発売

いわき産オリーブの葉をていねいに摘み取り、鮮やかな緑色のパスタを完成させました。詳しくはこちらへ
オリーブ麺

■ピリ辛おつまみ『かつおジャーキー』を開発・発売

いわきのソウルフード・カツオをお酒にぴったりな洋風ジャーキーに仕上げました。詳しくはこちらへ

かつおジャーキー

katsuo-00

■プロも認める『純米発酵調味液 出づ味(いづみ)』のデザインをリニューアル

高級感と郷土色を意識して新デザインを考案、ブランディングをサポートしました。詳しくはこちらへ
純米発酵調味液 出づ味

■梨の飲むこんにゃくゼリーを試作

いわき市の特産品・梨を使った飲むこんにゃくゼリーの試飲会をJAにて実施。商品化を進めました。

■新たなおみやげ品として『いわき七宝まんじゅう』を開発・発売

七名の和菓子職人がそれぞれつくった七種類の和菓子で構成するという斬新な商品を発表。詳しくはこちらへ
いわき七宝まんじゅう

■平酒販組合主催試飲会にいわきの味を出店

アルコールに合うおつまみとして、かつおジャーキーなどの開発商品を紹介しました。

■いわき産芽子にんにくの販路を開拓

いわきで本格栽培がはじまった芽子にんにくの販路開拓をサポート。『芽子にんにく味噌』などを企画しました。
芽子にんにく

■施設栽培通年野菜の配達事業を実施

ベビーリーフやトマトなどの施設栽培業者と提携し、市内飲食店や冠婚葬祭場等に販路を開拓。詳しくはこちらへ

ベビーリーフの生産施設

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■農林水産省主催『JAPAN FOOD FESTA 2013 第1回地場もん国民大賞』9位入賞

日本一のローカルフードを決めるコンテストで「ふくしま かつおの揚げびたし」が大健闘。詳しくはこちらへ
ふくしま かつおの揚げびたし

■茨城県で開催された『第1回全国コロッケフェスティバルin龍ケ崎』に参加

アナゴの骨を混ぜたスティック状のコロッケ『カジキ骨太コロッケ』を丸秀水産と共同開発。好評を博しました。

■イトーヨーカドー平店で開かれた『いわき物産展』に出店

いわきの海の幸、野菜、くだもの、加工品などがズラリ並んだ物産展。自社開発商品を積極的にアピールしました。
いわき物産展

■季節限定品『いわきいちじくのきんつば』を商品化

いわき市の推奨農産物イチジクを150kg乾燥し、菓子業者・菓匠庵と新商品のきんつばをつくりました。
いわきいちじくのきんつば

■きくらげの佃煮を企画・加工

きくらげを使った佃煮商品の企画・加工の依頼を受け、お歳暮商品として200セット販売しました。

2014

■オリジナル『磐城(いわき)ソース』を開発・発売

梨・トマト・魚しょう(いわき海星高校提供)を使ったソースを開発。磐城ソース味のかりんとうを商品化。詳しくはこちらへ

いわきかりんとう磐城ソース味パッケージ

いわきかりんとう磐城ソース味

■Fスタッフルーム(東京・中野)と販売契約を結ぶ

朝日新聞の販売店(東京・西武地方)の販促商品等として、いわきのコメを活用しました。

■アグリ物産と共同で『いわきの旬 温野菜』を開発・発売

パッケージのまま電子レンジで温めるだけで食べられる商品。ヨークベニマル新谷川瀬店でもお取り扱いいただきました。
いわきの旬 温野菜

■いわき万本桜プロジェクト主催『蔡國強といわき交流20周年記念行事』に協賛・協力

いわきの「食」の安全と魅力を発信。自社開発商品のほか、『いわきの旬 温野菜』の試食販売も行ないました。
蔡國強といわき交流20周年記念行事

■陸上自衛隊郡山駐屯地記念行事に出店

自社開発商品をはじめ、アスパラガス、菜花、葉タマネギなど、いわきの旬の野菜を販売しました。

■ソフトタイプで食べやすい『オリーブ燻製カジキ』を開発・発売

ほどよい塩味が好評。サンドイッチの材料としても使える新しいタイプの燻製を商品化しました。詳しくはこちらへ

オリーブ燻製カジキパッケージ

オリーブ燻製カジキ

■福島空港に出店

空港恒例のイベント『ウルトラDAY』に合わせ、自社開発商品やいわきの旬の野菜などを販売しました。

■道の駅よつくら港に出店

四倉・諏訪神社の例大祭に合わせ、自社開発商品を紹介・販売しました。

■『日本橋ふくしま館MIDETTE』に出店

1週間にわたり、特別コーナーにていわきの農産物をはじめ、特産品を紹介・販売しました。

■龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科の笠井賢紀ゼミナールのみなさんが来訪

東日本大震災の被災地の現状や課題を共有し、原発事故後、立ち入りが制限されている富岡町を案内しました。
龍谷大学のみなさん

■元禄彩雅宿・古滝屋(いわき市湯本)にスープの提供を開始

スープの特徴はいわき産野菜を使っていること、アレルギー物質27品目が入っていないこと。日替わりでスープメニューを考案し、毎日の朝食に活用されています。
soup

■県内最大級の食の祭典『おいしいふくしまいただきます!フェスティバル2014』に出店

旬のいわき産野菜をはじめ、自社開発商品などを多くのかたに紹介することができました。

■『パルシステム福島商品展示会 いわきセンター祭り』に出店

安心・安全・おいしい食材として、いわき産野菜や自社開発商品などの試食・販売を行ないました。

■いわき農林水産物活用促進事業『おいしさはとれたて いわきの食を創るシェフたち』を開催(2014年8月~)

伏木暢顕氏、日高良実氏、永井紀之氏、野崎洋光氏、コウケンテツ氏を招聘。詳しくはこちらへ
伏木暢顕氏のイベント風景

■ふくしま食の安全・安心情報発信業務委託事業として視察研修を開催(2014年10月~)

ブドウ狩りと農作物安全確認モニタリング検査、かまぼこ工場見学と漁業復活の取り組み研修など、「食」に焦点を当てたツアーを企画・実施しました。

budougari01

budougari02

■浜通り医療生活協同組合主催の『第30回健康まつり』に出店

葉ショウガやスイートポテト、特製ミネストローネなどを販売。好評を博しました。

■平酒販組合主催『第12回福島の酒 きき酒会』に出店

日本酒に合うおつまみとして、メヒカリを使った新開発商品などを紹介しました。

■熊本県で開催された『全国ふりかけグランプリ2014』に出店

いわきになじみの深いカジキといわきの代表的な農産物・ネギを使ったふりかけでいわきの味をアピールしました。
furikake

■福島県 元気なふくしまっ子「食」体験・交流推進『育てて・採って・作って・食べて』を開催(2014年11月~)

高校生以下のお子さまと保護者を対象に、野菜の種まき、収穫、料理づくりなどの体験ツアーを企画・実施しました。

2015

■受託事業の成果報告として『いわき市発商社育成事業商品発表会』を開催

2012年10月、いわき市から『いわき市発商社育成事業』を受託。2015年3月の期間満了を前に事業成果や今後の展望を発表しました。

syouhinhappypou01

syouhinhappyou02

■いわき農林水産物活用促進事業『おいしさはとれたて いわきの食を創るシェフたち』を開催(2015年7月~)

吉岡英尋氏、中島貞治氏、日高良実氏を招聘。詳しくはこちらへ

■福島県の安全でおいしい食を提案する『福島FOODS』シリーズ発売開始

第一弾として福島県が誇る食肉(伊達鶏、麓山高原豚、福島牛)をそれぞれ使ったカレー3種を企画・開発しました。
FF curry

■『福島FOODS』シリーズとしてオリーブ茶やメヒカリ商品を発売

いわき産オリーブの葉を使った『オリーブ茶』、いわきならではの『いわきかつおの焼きびたし』『いわき炙りめひかり』を企画・開発しました。

■昨年に続き、『パルシステム福島商品展示会 いわきセンター祭り』に出店

新商品のオリーブ茶などを紹介しながら、いわきの食の安全性をアピールしました。

■平酒販組合主催『第13回福島の酒 きき酒会』に出店

福島FOODSシリーズの『いわきかつおの焼きびたし』『いわき炙りめひかり』を紹介。「日本酒に合う」と、たいへん好評でした。
yakibitashi

■浜通り医療生活協同組合主催の『第31回健康まつり』に出店

昨年好評だった葉ショウガやスイートポテトを中心に、いわき産のやさいなどを販売しました。

■ふりかけ発祥の地・熊本県で開催された『全国ふりかけグランプリ2015』に出店

カジキやネギなど、いわきならではの素材にエゴマをプラス。さらに香ばしさが増したふりかけを紹介しました。

Top